以前は限られた治療法しかなかったですが、新しい治療法が開発され、がん患者の治療の選択肢が広がっています。

病気にならない体つくり

病気にならない体つくり

広がる治療法

医者の仕事は治療することです。
しかし、治すことが出来ない場合それは医者にとってつらいことです。
ガンの治療は難しいと思います。
末期になったら助かりません。
また末期でないとしても転移の危険があります。
では、最近ではどのようながん治療がなされているのでしょうか。
ガンの治療といえば、放射線治療と抗がん剤の投与だと思います。
放射線でがんを小さくする。
また抗がん剤でガンの進行を止めるもしくは遅らせてガンの場所を手術で取り除くという方法です。
副作用で髪がなくなってしまうというのは誰も聞いたことがあると思います。
見たこともあるかもしれません。
抗がん剤も聞かない場合があります。
ですから、ガンの治療は大変です。
放射線治療も抗がん剤も効かない場合、以前は死ぬのを待つだけでしたが、最近は新たな治療法が開発されています。
医療の進歩はすごいと思います。
また、何十年の癌患者のために研究をしてきた人はすごいと思います。
最近では陽子線治療や重粒子線治療など新しい治療名を聞くことが多くなりました。
副作用が少ない治療法もあるそうです。
治療の選択肢が増えるのは患者にとってもうれしいことです。
しかし、そのような新しい治療法はどこでも受けることが難しいのが現状です。
大きな設備が必要な場合もあります。
また、治療法として国の承認が下りていない場合、保険が適用されず、全額自費で負担しなければならない場合もあります。
今後がん患者の負担が軽減されることを願っています。

話題になっている医療は、ここのホームページでチェック☆



Copyright(c) 2019 病気にならない体つくり All Rights Reserved.