若くてもがんになる人がいます。若いから元気と思わないで無料検診など利用することは大事です。

病気にならない体つくり

病気にならない体つくり

若くても安心できない

私の知り合いに少し前にガンの手術をした人がいます。
30代半ばです。
胃腸の調子が悪くて検診をしたら、子宮系の癌が見つかりました。
初期段階でした。
その場所の癌は初期段階では見つかりにくいのでラッキーでした。
検査をして、比較的早くに手術を行い、ガンを取り除くことが出来ました。
30代といえば、まだまだ元気な年頃です。
ほかの知り合いに新婚で結婚してこれからというときに奥さんにガンが発見されて、あっという間になくなってしまった人がいます。
旦那さんはショックだったと思います。
腰に痛みがあって、腰痛だと思っていたようですが、すでに前兆はあったのです。
確かに若くても安心できません。
医療は進歩しているので早い段階で発見できれば、仮にガンだったとしても命を失うことは避けることが出来ます。
40歳になると市の無料の検診があるので活用できると思います。
しかし、三十代ですとガンとは思いませんし、お金を払ってまでがん検診をすることはないでしょう。
もちろん、がんの治療の時には副作用があります。
また、手術が成功しても安心できません。
最初に述べた友達も急に傷口が痛み出して、何日か入院してしまいました。
お医者さん曰く、よくあることらしいです。
若ければ回復は早いですが、がんになった場合進行が速いのも事実です。
ですから、若くても注意が必要です。
特にがんの家系で家族や親族にガンになった人がいる場合は意識的にがん検診を受けた方がいいでしょう。


Copyright(c) 2019 病気にならない体つくり All Rights Reserved.