彼女ががんであることを知って一時は別れましたが再び交際しゴールインすることができました。

病気にならない体つくり

病気にならない体つくり

がんの花嫁

彼女は20代のころに婦人科系のがんであることが発覚しました。
具体的にはどこの部位ががんなのかは聞きませんでした。
彼女は抗がん剤の影響でしょうか髪の毛は一本ものこっていませんでした。
お坊さんのようにツルツルです。
ときにはほんのうっすらと生えていました。
かつらはかぶらずに帽子をよくかぶっていました。
そんな彼女が結婚することをきいたときにはだれもが耳を疑いました。
どこにがんである人をお嫁にもらう人がいるでしょうか。
もう何年もがんとたたかっているために医療費もかなりの額にのぼります。
もちろん生計をたてるための手段はなにもありませんから、親にたよるしかありません。
そんな彼女の身にとつぜんおこった春風に周囲はただおどろくばかりでした。
しかしそのいきさつをきいて納得しました。
彼女がまだがんであることを知る前に交際していた彼がいました。
その彼は彼女ががんであることを知って別れることにしました。
苦しいけど現実を考えれば当然ということが出来るかも知れません。
がんであるとわかっている相手と結婚するなら二人でがん治療に専念するしかありません。
旦那さんは奥さんの医療費のために働いているようなものです。
それもまた一つの夫婦のありかただということができるかもしれません。
病気のときはだれかにささえてほしいとおもうものだからです。
めでたく結婚した彼らはいまでも幸せに病気と向き合いながら生活しています。
結婚式にはかつらをつけてウェディングドレスをきました。

話題になっている医療は、ここのホームページでチェック☆



Copyright(c) 2019 病気にならない体つくり All Rights Reserved.