環境問題や食糧問題が多いので、健康を保つために定期的に健康診断をすることが大切です。

病気にならない体つくり

病気にならない体つくり
病気にならない体つくり

大気汚染と健康

少し前に中国のある地域で子供が肺がんになったことがニュースで取り上げられていました。
子供が肺がんになるケースは過去に例がなく、大気汚染の問題が指摘されていました。
その地域では大気汚染が特にひどく、その子供も小さい時から汚染された空気を吸っていたのでしょう。
いま、中国では人口の70パーセントの人が、空気が汚染された地域で生活しているということです。
以前の日本の川崎病や四日市ぜんそくを思い出します。
経済の発展と共に大きな犠牲が求められます。
日本では工場が海外に引っ越し、技術がよくなったせいで大気汚染の問題は以前ほどありません。
しかし、発展中の中国や東南アジアではこれからもこの問題が続くことと思います。
確かに医療が進歩しても環境を変えるのは簡単ではありません。
どうしてもダメなら引越せばいいと思うかもしれませんが、簡単には引越すことが出来ません。
どんなに環境が悪くても家があるところから移動するのは難しい話です。
そうなると予防するしかありません。
空気が悪いのであればマスクをすることが出来ます。
それも高精度のマスクです。
PM2.5対応のマスクがディスカウントストアでよく売られています。
また、特に空気が悪い日は外出を控えることが出来るでしょう。
今後春にかけては花粉の問題が出てくるでしょう。
環境の問題や食の問題が常にありますから、定期的に健康診断をするのはいいことだと思います。
引き続き健康に注意を払い、元気に生活していきましょう。

話題になっている医療は、ここのホームページでチェック☆



Copyright(c) 2019 病気にならない体つくり All Rights Reserved.