健康的な食生活により病気になりにくい体をつくることができます。

病気にならない体つくり

病気にならない体つくり

病気にならない体つくり

私たちが食するものと健康状態は密接の関係があります。
とりわけ成人病といわれる現代病の多くはどのような食生活をしてきたかを如実に表しています。
美味しいものが手軽な値段で手に入りますので、意思を強く持たないと食生活をコントロールすることはできません。
健康的な食生活は病気の予防になります。
がんや成人病の医療費はかなり高額になることがあります。
また多くの体の悩みを軽減することができます。
そのために自分の体質を知るのは大切です。
自分の体の声をよく聞いてそれにあった食生活をするなら免疫力を高めることができます。
とはいっても食事は単に栄養を取るだけのものではありません。
楽しみでもあるのです。
それは舌が食物を味わうだけではありません。
目でも楽しみます。
食材の色や美しく盛り付けられた料理から漂う美味しそうな香り、五感全てで料理を味わうのです。
そうすることにより一層満足感がえられます。
つまり食べ過ぎを防ぐことができるのです。
また年齢とともに血圧が上がってくるため、味付けも調整する必要があります。
若い頃と同じように濃い目の味付けをそのままするのは理想的ではありません。
加齢と共に血管は細くなります。
そのため容易に高血圧になりやすくなります。
塩分を控えることは必須です。
とはいっても味のない料理はおいしくありません。
かといって化学調味料もひかえたいです。
そんな時はスパイスによって味に深みをだすようにします。
また塩は最後にふりかけるなら塩味を感じやすくなります。
言うまでもなく栄養価の低いあるいはおいしいけど害になるような食品は避ける方が賢明です。
全く避けることはできないにしても、極力避けるようにしましょう。
そうすれば自然に食べたくなくなります。
野菜や果物には吸収しやすいビタミンやミネラルが豊富に含まれています。
また肉や魚にも良質のたんぱく質がたっぷりあります。
それらは私たちの体に必要な栄養素を与えてくれます。
加工食品をさけ素材そのものを自分で料理するなら健康的です。
このように予防に力をいれるなら病気にならないで健康に暮らすことが出来ます。

話題になっている医療は、ここのホームページでチェック☆



Copyright(c) 2019 病気にならない体つくり All Rights Reserved.